へら鮒情報局

RSS
 

「どうせ、セット釣りでしょ」

阿川は釣っても、釣ってもそういわれると言う。
ややセット釣りを卑下してみる人はこうも言う。

「ダンゴこそ王道」

(本当にそうだろうか?)
ヘラ釣りの二本バリ。上バリに寄せるためのバラケエサを、下バリは食わせるためのエサを付けるために考案されたという原理がある。

「では、両ダンゴは?」

そう、本来ダンゴで釣るなら、二本バリより一本バリのほうが釣りやすいのはいわずもがな。ダンゴ(両グルの場合も含めて)わずかな微粒子の広がり加減のみで「寄せ」の効果が期待できる季節・ジアイに使うエサならば、なにもダブルを狙って釣るのではなにのだから一本バリのほうがいいに決まっている。エサ付けも早く、打ち返しも素早く、なにより余分なアタリが抑えられるからだ。一本バリ二本バリ論争(?)はこの稿の主題ではないので、神棚にでも上げておくとして、問題とすべきは、本来の姿である二本バリの片方がたであるバラケエサがクスリにも毒にもなりうる両刃の剣といえることだろう。

「寄せる」という観点から鑑みれば、こんにちの素材以上のものは見当たらないが、バラケエサが、「良すぎれば良すぎるほど」下バリのクワセエサを「ままこ扱い」「のけもの扱い」「ごままい」する。そりゃ、ウドン系固形タイプのクワセエサが宙にぶら~んとあるものより、きつい匂いでデコレートされたバラケの微粒子が、ふんわりふんわり漂うほうに「眼」がいくのは当たり前。バラケエサはバラケなければその役目を果たさないが、クワセエサの邪魔をしているところにセット釣りの難しさがあることは、ガソリンタンクにたばこの吸い殻を投げ込む暴挙に等しいほど明らかなのである。

「どうせセット釣りでしょ」と、いわれる筋合いはない。よくよく考えていただきたい。算数なら計算上に基づいた真理がある。セット釣りは水中の想像にすぎない勝手な思い込みで解いていく。狙うタナによる水深の違いがある。寄ったヘラの数にも頭で描く上バリバラケと下バリクワセの想像絵は変化する。それも、刻々と・・・・。算数よりはるかに難しいのが「セット釣り」だと思う。

ぎゅうぎゅう詰めにされて、快適に生息する魚はいない。広い池面積の一部を網で仕切り、魚は集約、水は通々というのが魚にもっとも適しているのだろう。自動検量器を当初より設置したこともヘラを長持ちさせる、大きな要因となった。
「椎の木湖」。
水量が豊かだから酸素・プランクトンの供給がいい。釣られてもフラシを使わずすぐに放されるから、痛まない。痛まないから、大型がヨタ化しない。「しない」ことはないが、極力抑えられている。ヨタ化した大型が寄った時ほど釣りづらいことは何度も経験している。
以下、実釣。

椎の木湖 二号桟橋 239番。
*竿:  13尺 チョウチンセット釣り
*道糸: プロバージョンV グリーン 0.8号
*ハリス:プロバージョンV 上 0.8号 8cm/下 0.4号 60cm
*ハリ: 上 グラン鈎 巨ベラ 13号/ 下 オカメ鈎 4号
*ウキ: ボディ7cm グラスムク

続いて、エサ。
<バラケエサ>
軽いペレット60cc + 水240cc(数分放置後)+ セットバラケD240cc + バラケ王120cc + バラケもたせ120cc
を、基エサとする。

*深バラ:     120cc
*オールマイティ: 120cc
*バラケもたせ:  120cc

<クワセエサ>
レンジタピを、出発前に自宅で準備。その作り方は、1袋 + 水85ccを800wのレンジでまず90秒チンしたあとよくかき混ぜ、あと60秒を二回繰り返したのち最後にもう一度30秒温めてから、3分包にわけてラップ。ポンプ出しで使用する。

そのレンジタピを付けて、ウキトップ3節出しを確認する。
まず、基エサをひと掴み別ボウルに移し、基エサボウル・皿・実際にいま使うエサ、の三段容器を手元に。

6時40分、エサ打ちが始まった。

ウキは二節のナジミ(水面には一節残し)を見せる。バラケエサの大きさは500円玉大とかなり大きいから、ムクトップで三節ナジミということは途中のバラケ方が大きいということだろう。

二投、三投とエサ打ちを繰り返すが、「いつも同じナジミ幅」にまず驚かされた。ウキが潜ったり、全くナジマなかったり、とバラケエサのハリ付けは難しいものだが、「こんなのは、慣れでしょうね」と、阿川は言う。

ナジミ幅を一定にする、ということはセット釣りでは重要なことだ。水深による上下の直線でみた場合、バラケの拡散分量が一定化するということは、自分の釣りのものさしが出来上がることでもあるので、「一定化」イコール(自分の釣りイメージの中だけでいいのだが)次に打てる手が決めやすくなるのである。配合品種、エサの大小、圧のかけ方、角付け、丸付け、、、枚挙に暇がないほどの手法を絞り込むことができる。

「予想外です」

阿川がいう。
もう早くもウキに変化が出始めたことへの驚きだった。

「この水質、ヘラコンディション抜群の椎の木湖ですら、最近はいい情報を聞きませんし、ほかの釣場にいたっては散々ですからね」

冬の厳しい状況下にあった釣場では、全国どこへ行っても惨憺たる釣果だった。

「今日も一、二時間エサを打たないとアタリすらもらえないと思ってましたから」

阿川の心臓の鼓動が、瞬間早くなったような気がした。

阿川がセット釣りで最も重視するのは、いかにクワセエサにバラケエサを同調させられるか、という一言につきる。
「クワセが落下していく軌道に、バラケが粉雪のごとくふりそそぐ」ことを同調と呼び、理想としている。そのためには、エサを入れなければならない。

「そこですよ」

阿川の目尻が、2ミリほころんだ。

「エサを入れるということは、ウキのナジミ幅だけを見るのではなく、タナに入る前に開いた麩が落下し、クワセが入っていく時間的タイムラグを埋めてこぼれ落ちてこなければならないということです」

実際の直線メーターで紙上画を描いてみよう。狙うタナは水面下3.9m。バラケの塊りが解け始めるのが2m付近で、3m地点ではそのほとんどがハリから抜けている。3m50cm地点では僅かなバラケがハリのフトコロに残っている程度。さぁ、ここからクワセが落下しようとするが、エサもハリも軽いうえにハリスも60cmと長いからユラユラゆっくりした速度だ。このタイミングで先に2mの位置からスタートしたバラケが1.9mの道のりを早く追いついてこなければならない。同調成功すれば、食いアタリにつながるし、でなければ不発に終始する。

「エサを入れる」とは、クワセのある3.9mの位置に、もっと上部で解けたバラケを同じタイミングで落下させてやる、ということなのである。(実際上は水面直下でバラケる麩もあって当然だが、ここでは樹齢数百年の大木を前にその下に生えている雑草は無視されるがごとくイメージする)
同調しない、バラケが追いついてこないとどうなるか。ウキがナジム前からサワリがある。ナジミ途中でカラツンが出る。ウキがフカフカするだけでとりとめのない動きしか出ない。この状況を、ウキの動きで判断し判別する。

(あくまでも想像でしかないが)この想像が実際の状況に近づければ近づくほど、次の手が打てるのだと考える。阿川は、バラケがレンジタピに同調していないと「想像した」。
今の今である。

さぁこれからが「セット釣り王」阿川の仕事が始まるのだ。

 
 

「このへんは、適量なのですが」

と、ことわりつつ阿川は基エサの一部(ひとつかみ程度)を別ボウルに取り分け、手水を打って柔らかくしたうえに、「粒ペレS」と「オールマイティ」を適量ふりかけてかき混ぜた。「粒ペレSでエサに比重を、オールマイティでもう少し深いところでバラケるようにします」と、いう。エサに粒ペレSで比重を付けることにより、上でバラケたエサの落下スピードを促進することができる。オールマイティの多少のネバリで早くバラケるのを抑えることができる。阿川の「仕事ぶり」は単純だが明快だった。そしてその効果はすぐに現れた。

ほとんどウキナジミ途中でのサワリがないままにトップギリギリまでナジムと、阿川はそのトップ分のみタテサソイをいれた。

サソイを入れた段階で残りのバラケは落ちているから、トップはゆっくりナジんでいく。レンジタピのみのトップ残し三節。

「フッ、と入りました」

阿川が言うほどに、可憐な草花はその存在を目立たさぬように、だがへら師だからこそ見逃すはずのない食いアタリが出た。下バリのハリスは張ってないから、アタリは大きくない。「服についた糸くずをそっとつまんでとってあげた未通女(おぼこ)の所作のようなアタリ」と表現するのは昭和時代までの表現紋様。

話しを元に戻す。
やはり、椎の木湖のヘラはデカい。

自動検量器。キロオーバー。
次のエサをつまむ。

やはり、デカい。
釣れる魚も、バラケもデカい。

まだ先ほどの「適量」という表現が気になって仕方がないので、言いわけを述べることにする。

始めに作るエサは、カップで計り基本通りにやることで基礎工事をたいらにし、均一化させる。しかし、やりはじめると「必ず」エサ手直しの必要性が生じてくる。前述したように粒ペレSで比重をつけようだとか、オールマイティでまとまり感をだそうとかがそれである。しかし、どれだけ比重をつけるのか、あるいはどれだけまとまり感をだすのかは、以下の要因によりさまざまに異なる。

以下、箇条書き。
1、狙いのタナ(水深)の違い。
1、ヘラの大小の違い。
1、ヘラの寄った数の違い。
1、流れなど、外的要因の変化。
_____________など、など。

目にみえない水中のできごとを想像しつつ、だから、すなわち「これくらいだろう」という自分自身のものさしでしか計量できないのである。「入れすぎた」と判断すれば抜いてやり、「少なすぎた」と感じたら追い足ししていく。だから「適量」であり、適量の手直しこそ経験値が露骨にあらわれる手段だと言い切ってもいい。ヘラがデカければ、そしてそれらがウヨウヨ寄れば、エサは入っていかないしウキはフカフカする。だから、エサに比重をつけたりまとめる麩を入れたりするが、そのヘラの数は想像でしかないし瞬時に数も変化していく。

「ちょっと様子をみてみますね」

阿川はそういって、こまめにバラケをいじくっていく。「適量」は「適当」ではなく、澪標(みおつくし)の一本の杭を、ひとつひとつ打ち込んでいくステップの役目を担っているのである。

「下バリの入りも悪いですね」

現在下バリはオカメ鈎4号を使っているが、グルテン鈎の3号に替えるという。ハリの重さを借りてクワセエサ(レンジタピ)を入れようという考えだ。バラケもクワセもそうだが、ヘラが薄ければゆっくり入れたほうがいいが、今日のようにヘラの型が大きく、煽りもきついときはなるべく早く入れたい。それをハリ自体の比重を借りるというのである。

ハリは形状の違いは当然ながら、銘柄により号数は同じでも軸の太細は異なってくるが、その自重は精密な天秤ばかりで計っても微重の差しかない。にもかかわらず、ヘラはその重さの違いを知っている。ヘラ釣りのヘラ釣りたる所以(いわれ)だろう。

「エサもつまってきたみたいだね」

ハリを替えたと思っていたら、今度はバラケエサに気持ちがいっている。オールマイティの効果でエサにまとまり感がでたのはいいが、時が経ちまとまり感が出過ぎたという。そこで阿川は下のボウルから基エサをひとつかみいま使っているエサに合体させた。ということは、オールマイティの占有比率が低くなったということで、またボソッ気の復活をみる。

「ほら、麩が起っているでしょ」

ボソが復活したエサは、麩が起っている。活きている、ともいい重ねられる。基エサのボウル・蓋にする受け皿・今使うエサのボウル、三段ボウルが有効に働いている。下ハリスの長さも5cmきざみで二度変えてみた。しかし、結局はすぐに元の60cmに戻している。

「安定してますね」

60cmが、である。阿川はここまでしか言わないから、あとは筆者の予見。ハリスの長さはアタリの出方を左右する重要な要因であり、たった5cmの違いがわかるのがヘラ釣りたる所以であることは言うまでもない。だがせっかく60cmの長さにあわせてバラケを調整(比重をつけたり、もたせたり、また開かせたり)してきているのに、ハリスの長さを変えればいままでの調整はドブにお金を捨てるようなものではないか、ということなのだろう。

ハリスの長短で劇的にアタリが変わることは多々ある。が、3.9mの深い水中で、5cm幅のゾーンのバラケを新たに探るという徒労は、田んぼにマツタケを探しにいくようなものではなかろうか。_______よりも、エサに全神経を使いたいし、そうでなければエサをいじくる意味もない。

「横に大きくバラケるのは今日はよくないですね。できるかぎりタナ近くのゾーンにバラケを集中させてやること、これに尽きると思います」

阿川が自動検量器をのぞき込みながらいった。

「今、19枚で18kgですよ」

型のよさはいうまでもなく、ポツポツ釣る牛歩のような釣果が最もこわい証拠の19枚である。

「最後にエサの宣伝をさせてください」

(ありがとうございます、阿川さん)と、いいそうになった。

「1mのセット釣りのときでしたが、バラケ王を使った者だけがアタリをもらえるのです。軽さと麩の細かさが抜群ですからでしょうね。そしてね、ある程度のタナをとったときは、セットバラケDとの相性が非常にいいですね、ここんとこ強調しておいてください」

はいっ。必ず強調させていただきます。
以下余談。

「歳のせいかしら、あなたの顔がぼんやりしかみえないわ」

「だから、いままでもったのさ」

阿川夫妻の会話から。ほほえましくも、ユーモラスな、まるで「バラケ王」と「セットバラケD」の相性のよさが感じられる話であった。


[阿川眞治プロフィール]
川口市在住。
日研巽支部、FBクラブ所属。
長年にわたり日研本部役員を務める。
BASIC・VARIVAS・GRANフィールドテスター。

Pagetop