へら鮒情報局

RSS

5月12日 千葉県アートへらポンド

釣行データ

氏名(報告者)佐久間正敏
釣行場所アートへらポンド東桟橋
釣行日時2018年5月12日 10:30~16時
大会(例会)名・
参加者数
プライベート
釣果・成績76枚

使用タックル

竿・タナ・釣り方8尺 1m 両ダンゴ
道糸の銘柄・号数見える道糸 0.8号
ハリスの銘柄・
号数・長さ
スーパーステージ 0.4号25/33cm
ハリの銘柄・号数上下グラン鉤 4号
ウキ大祐ベーシック3番 ボディ5cm パイプ

使用エサ

使用エサのブレンド■両ダンゴ
グルダンゴ240cc + しめかっつけ240cc + ライト240cc + 水180cc
エサブレンドを
選んだ理由
しっかりした芯を維持しながら、ナジミ込みからナジミきりまで粒子を散らしたかった。経時変化を抑えるためにライトを使った。
対応策・エサの手直しの
方法と理由・結果
へらの寄り始めは、ハリ付けの指圧を強めることだけで対応できたが、寄りが厚くなるといい受けが出るのにナジミ込みでアタリが流れるようになった。ここで粘りのある麩材(グルダンゴやしめかっつけ)を追い足して餌全体のまとまりを強めるとピンポンかスレに終始。そこで元餌をしっかり練り込んで芯を強め、それを手水で少しほぐしてから多めのライトを追い足してやると、受けに連動したアタリで三連チャン、四連チャンが出るようになった。

釣場情報

食い気の高いキロ2枚半が活発にダンゴを追っている。現在、水面にヘラが沸かないので、メーター両ダンゴがとても釣り易いし、数も出る。底釣りはちょっと一服状態のようだ。

Pagetop